トップページ > 治療院ストーリー

自己紹介

山中清道です。猫橋カイロプラクティック ストーリー

  私がこの仕事に就く事になったのは体育学専攻の大学生時代に重量挙げの選手だった事に由来します。大学はオリンピック選手やインターハイ・国体のチャンピオンになった人など全国屈指の最強アスリートたちが集う、スポーツの名門 日本体育大学。そんな環境の中、スポーツエリートの人たちに刺激を受けながら強い選手になろうと日々一生懸命にトレーニングと保健体育科教諭を目指すべく勉学にと励んでいました。ちなみに私はスポーツエリートではありませんでしたが・・・・・(苦笑)。そんな毎日を送っていた大学2年生の時、突然の膝の激痛に襲われ、十分にトレーニングが出来なくなりました。そして半年後、膝の痛みもだいぶ癒え、トレーニングを本格的に再開した矢先、自分の体力・筋力が病み上がりで低下していたことも忘れ、70Kg、100Kg、130kg・・・・とウォーミングアップもそこそこに徐々にバーベル重量を上げ、背中に担いでスクワットトレーニングをしていたその瞬間でした、“グキッ”という音とともに腰から背中に電気が走り、息をするのも苦しく動くのも困難なくらいのぎっくり腰になってしまいました。チームの仲間は私の苦しみ動けぬ姿を見て大笑いしていましたが本当に痛 かったです(泣)。この出来事で初めて人の痛みが分かった瞬間でした。選手を諦めようと思った程です。本気で・・・。必死の思いで治療院を探し優秀なカイロプラ クティックの先生に出会い、そして診てもらい劇的に症状が改善しました。たった1度だけの治療で・・(驚)。治りが早かったのは若かったせいもあるとは思いますが、しかしカイロプラクティックに救われたことは事実です。その当時はカイロプラクティックが何なのか、どんな治療なのか全然分からず、まったく知りませんでしたが・・・(笑)。

 体育大学卒業後2年間は縁あって就職した体育系の専門学校にて夢であった体育教師として勤務しまし た。体育教師の仕事はそれなりにやりがいと充実感を感じてはいたものの、学生時代のカイロプラクティック受診による感動体験がどうしても忘れられず、もやもやした気持ちで日々を過ごしていました。しかしカイロプラクティックの魅力と可能性に取り付かれた私は 自分の腰痛を治してくれたカイロの先生の様なカッコイイ治療家になりたいと、思い切ってそれまでの夢であった体育教師を退職し、カイロ専門学校で学び、カイ ロプラクター(カイロプラクティックの治療家の呼称)になりました。治療家を目指すという人生の方向転換の際、針治療の受診経験のある私の父親からは「鍼灸がいいのではないか・・・」などアドバイスされたりと他の選択肢(鍼灸師、柔道整復師、マッサージ師など)もあったのですが、当時の自分の考えがカイロプラクティックの魅力一色になっており、思考もアメリカナイズドされていましたので他の治療術には残念ながら正直一つも魅力を感じることが出来ませんでした(他の治療術の先生スイマセン・・笑)。そして一生の仕事としてカイロプラクティックをやり遂げると覚悟を決め、開業まで5年間3ヶ所の治療院にて技術研修を受けました。その間延べ5万人と いうたくさんの方の治療に携わり、臨床経験を積む事が出来ました。技術の高い師匠の元、朝から夜中まで毎日治療漬け、ミーティング漬けで心身共にハードで したが、男が覚悟を決めた以上、途中で投げ出すことは出来ませんし、独立開業という目標があったから乗り切ることが出来ました。色々な経験を積ませて戴いた研修先と師匠である院長先生には心から感謝しています。優 秀な師匠と技術の高い治療院との出会いがあったから今の自分があると思っています。出会いも運命ですね。本当に・・・。

  5年間の研修を終え、平成14年6月11日に29歳でここ川口市芝(現在地)に治療室 猫橋カイロプラクティックをオープンする事になり、自分の温めてい た治療システムによる治療で現在に至っております。この夢の実現の感動は一生忘れられません。胸が熱くなる思いでした。陰から応援してくれる家族、日本全国にいる友人たちの暖かい励ましと優しさのお陰で頑張れます。ぎっくり腰という激痛の不幸が幸いし、天職に出会え、たくさんの人々に応援してもらえる私は本当に幸せなのだと溢れんばかりの感謝の気持ちでいっぱいです。

 また、現在では皆様のお陰で治療室 猫橋カイロプラクティックも地域ダントツ1番の治療院という自負と過信のもと、たくさんの方に支えられ成り立ってます。雑誌の取材をこなすまでになりました。これもたくさんの患者さんに育ててもらっているからこそです。治療室 猫橋カイロプラクティックはこれからもあなたの治療室 猫橋カイロプラクティックであります。来て頂いている皆様への責任として、これからも治療室 猫橋カイロプラクティックは発展拡大、質の向上と 共に、気楽に来院できる元気と優しさ溢れるフレンドリーな治療院を目指します。そして治療院の発展とカイロプラクティック業界の発展、何より私を信頼して通院して下さる皆様の幸せのために全力を注いでいきます。どうぞ末永くご愛顧宜しくお願いします。

 

「ちょっと猫橋カイロに行ってくるね!」が家族・友達の合言葉。

皆さんが笑顔で幸せな毎日が過ごせる様に猫橋カイロは全力を尽くします!

一人で悩んでないで、何でも話せる猫橋カイロに相談してください!

 

院長 カイロプラクティック師

山中清道

 

《院長プロフィール》

日本体育大学 体育学部 健康学科 健康科学コース 卒業

元体育・スポーツ系専門学校 教員

東京カイロプラクティックカレッジ卒業

米国ライフカイロプラクティック大学短期留学 人体解剖学修了

平成30年現在、株式会社 FMC 代表取締役CEO兼社長  兼務

自律神経臨床研究会 副会長兼講師

 

《資格》

Bachelor  of  physical  education  :  学士 (体育学)

カイロプラクティック師

上級セロトニン調律師

自律心体療法セラピスト

レイキマスター(レイキラィーチャー)

心理カウンセラー

ソマティック・カウンセラー

ほぐし療法士

中学・高校 第一種 保健体育教諭免許状

第一種 養護教諭免許状

第一種 衛生管理者免許

柔道二段

ウエイトリフティング三級審判員

 

《趣味》

映画鑑賞、読書、旅行、アウトドア系と多彩

《家族構成》

妻、息子

 

《座右の銘》

「凡事徹底」・「念ずれば花開く」・「継続は力なり」・「積小為大」

 

《院外活動実績》

平成14年9月 ビジネス情報誌「ガイア」取材記事掲載 インタビュアー タレント布川敏和さん

 

平成16年8月 全国カイロプラクティック師会・カイロプラクティック振興協同組合より

「相補代替医療の地域貢献」で感謝状を授与される

 

平成16年12月 埼玉県商工会青年部第一ブロック部員交流委員会の研修会にて研修講師として

「カイロプラクティックと健康」で講演

 

平成17年8月23日 CNSデイリーニュース(ケーブルネット埼玉)で当院が紹介されました。

 

平成21年7月 FM浅草でカイロプラクティックとオススメ治療院として当院が紹介されました。

パーソナリティー 柳家京子さん

 

平成23年11月5日 第1回 猫橋カイロプラクティック 自律神経勉強会 開催 

テーマ「自律神経失調症、うつ病対策」  講師 山中清道

主催 治療室 猫橋カイロプラクティック   後援 株式会社FMC


平成26年11月12日 第4回 自律神経臨床研究会 研修講師として発表

テーマ「痛みについて」


平成29年3月15日 第9回 自律神経臨床研究会 研修講師として発表

テーマ「自律神経機能を安定化させる検査と施術実技」


平成29年9月27日 第10回 自律神経臨床研究会 臨床発表

「パニック・不安障害の一症例」


平成24年11月24日
シブヤFM『PIN UP』で当院が紹介されました。

ページトップへ